できれば毎日BL読んで暮らしたい

BL漫画を読んだ感想を中心に書いています

【読んだ】さよなら恋人、またきて友だち

 

 “皆が妊娠させたい男子”一目で押し倒したいと思った相手、そこに愛は芽生えるのか。――閑静な田舎町に訪れた転校生・カナエを見た瞬間、クラス全員が彼を押し倒したいという思考に捕われてしまう。それは彼の特異体質による拒絶不可能な誘惑だった。クラスのリーダー的存在であるオウギも自分のモノにしたいと思いながら、自身の意思に関係なく周囲を欲情させるカナエを守り続けるが、ついにクラスメイトに襲われてしまい…!?

 オメガバースです。

つよつよのオメガフェロモンを持つカナエを巡り、クラスメイトがどんどんおかしくなってしまい『性に翻弄されてる感』が絶妙に描写されています。

自分のフェロモンが強すぎるせいで大変な目に遭い続けているカナエですが、いわゆる弱い人間ではなく、チラ見えするしたたかさもたまらない。目的のために手段を選ばないところがいい。

「さよなら恋人、またきて友だち」のシリーズは、主人公をカナエの兄や親族に変えてまだまだ続いているので、私はここ数年終わりそうで終わらない、決着がつきそうでつかない、歯がゆい、つらい、でももっと読みたい…の気持ちを冊数分繰り返してますので、その一作目であるこの本はぜひ読んでほしい。

【読んだ】年下Ωに押しかけ女房されてます

気を抜くとすぐにインターバルが空いてしまってよくない。余裕のあるときに投稿予約機能を使いこなせるといいんですが、どうもアウトプットがおざなりになってしまう。

 

さて、閑話休題で、本題!更新をさぼっていた間も、むしろ更新をさぼっていた間こそめちゃいいBLたくさん読んでました。

 

「ごはんにする? お風呂にする? それともオレ!?」超エリートαだけどダメおじさんな辰二郎のもとにやってきたお見合い話。相手の男子高校生(Ω)の蓮を見た辰二郎は「若すぎる、倫理的にダメでしょ」と否定的。だけど辰二郎と結婚したい蓮の可愛すぎる誘惑、そして初めての発情。さらに家に居座られてしまって、どうする辰二郎!? 彼の理性がいま試されるーー!? Pixivコミックで累計閲覧数250万超の人気作品がついにコミックス化!! 電子限定おまけ付き!!

 オメガバースです!正統派のα✖Ωダヨ!!健気な年下Ωくんがかわよ。自分が大人になっていくにつれて歳の差カップルの片方が学生だと倫理観が仕事するようになってしまって萌えきれないこともあるんですけど、これは大丈夫でした。主人公の辰二郎にも倫理観あってよかった。(しかしエロはあります)

辰二郎のお兄さんも素敵なキャラで、バツイチのお兄ちゃん(β)が男の恋人できるスピンオフを待たずにいられないです。

 

【読んだ】4月の東京は…上・下

 

 

上巻読む→下巻読む→上巻読む→下巻読むとついノータイム2週してしまった名作。これドラマ化とか映画化とかしたらアタリそうじゃないですか?って思いました。ていうか海外でBLドラマ化されそう。

思いがけない形で終わりを迎えた思春期の初恋が、再会をきっかけにリスタートするという、焼けぼっくいに火がついた系BLマニアの私にはおいしすぎる秀作。

【読んだ】猿と桃

 

猿と桃 (ダリアコミックスe)

猿と桃 (ダリアコミックスe)

  • 作者:ハジ
  • 発売日: 2019/06/22
  • メディア: Kindle
 

【煽ったお前が悪い。覚悟しろよ】彩雲たなびく天界。 桃園の管理を任されている孫悟空は、 その自由奔放な性格から問題児扱いされていた。ある日、 気まぐれに噛んだ仙桃が天界から落ち、地上で人間・ 桃矢として生まれ変わる。数年後、 男の娘として立派に成長した桃矢は、 天界から追い出された悟空と運命的に出会う。 傲慢に思えた悟空が意外にスパダリで、トキめく桃矢だが――!?

以上、あらすじです。

男の娘っていうか、ジェンダーレス系男子のような主人公がかわゆい。かわゆいけど強い。桃太郎と三国志のエッセンスが取り入れられたファンタジー?SF?ファンタジー?です。人外は少し前からBLトレンドに入り、定着したなあと感じます。ハジ先生のSF風味BL大好き。

主人公である桃矢だけでなく、桃矢の育ての親カプもとてもいい味が出ていてよきです。

 

【読んだ】コミックパーティ ワンダーラブ

 

 

男だけどBL漫画家をしている雷蔵はひょんなことから同じく男で BL作家をしているTOSと知り合う。 性格はリア充でイケメンだけど作風は闇BLで売れっ子の雷蔵に対し、 作風はふわあまBLだけどコミュ障陰キャで人気はイマイチなTOS。なにもかも正反対な二人なのに、 酒の勢いでなぜか付き合うことになってしまい…!?

BL作家同士の男カップル。

TOS先生の卑屈さがいっそ気持ちいいんですけど、雷蔵先生の根底にもほの暗いものを感じます。

TOSによる、オメガバースなら雷蔵はアルファ、自分はベータ(オメガじゃないと番になれないのでは?)だってオメガはオメガバースの花形なので自分には荷が重いという発言が超好きです。そうだよね、能力低いとか設定されることが多いけどオメガバースの花形はオメガだよね!さすがはBL作家BL…

1巻読んでハマって、すぐ2巻買って、そのあと山野でこ先生の既刊単行本をkoboで連ポチしました。おれは仕事がはやいさばみそだ。ほんといい時代だぜ。

この話の続編というかスピンオフというか、同じ世界線の編集者のお話も単行本化しており、続編もまだ出るぽいので今後も楽しみです。デュフフ。

商業BLは素晴らしい

私が初めて触れたBLはアニメのアンソロジーでした。その当時はまだBLという言葉はなく、いわゆる『やおい』と呼ばれていた時代の話です。原作漫画だと思って買った本で男キャラ同士がまぐわっているのに当時11歳の私が受けたショックは図り知れず、どうなってるんだこれは?なんなんだ?どうなっているんだ?ページをめくる手が止まらないぞ?もっと読みたい…みたいな感じで、そこからアンソロを数冊買いました。その後に商業BL雑誌の黎明期が始まり、私の読書傾向は二次創作よりも商業BLの割合が圧倒的に増えていきます。

そうなったのは時代のせい、そして私が片田舎住まいだったのも多分に関係します。まず片田舎すぎてイベントに行けないのです。中学生がイベント会場を訪れる交通費を捻出して、さらに本代もっていうのはなかなか難しいものがありました。でも商業BLは街の本屋さんに行けば簡単に手に入るのです。(ははは、街の本屋さんとかさり気なく言ったけど当時私の住む町には本屋はなく、近隣の本屋までバスで片道640円だった。当時なら往復しただけでコミックス2冊買えるわ…。)

 

それから、最近はデジタル化が進んで、二次創作でも効果音以外はキーボード入力されフォントで読める機会が増えましたが、当時は割と手書きも多かったんですよね。もしくは写植よろしくワープロで打ち出して切って貼ったりしてた。(もしかしてリアルに写植焼いて貼ってた人もいたのかな)私は、手書きセリフの字のタッチによっては、それが気になって話が入ってこなかったり、手書きの誤字脱字がやけに気になってしまったりという不思議な性質があり、好きなジャンルの好きなキャラで好きなCPなのに、手書き文字のタッチが合わなくて目がソワソワ落ち着かないということがまれにありました。しかも二次創作はページが少なく、商業BLに比べて割高です。

そりゃそうでしょ、二次創作は商売じゃないし、発行部数とか手間とか考えたら商売より高いのは当たり前のことです。二次創作の本は、同好の志による熱いほとばしりを垣間見るためにカネを払うのであって、コミックスを買うのとはワケが違う。あれはむきだしの情熱なのだ。

しかし商業BLはやはり商業作品なので、関係各位の手が入り、手触り舌触りがよくパッケージされ、限界集落みたいなとこに住んでる子ですら手が届くところにさりげなく存在します。さらにクオリティも担保されている。もう買うしかないじゃん…買わない理由ないじゃん…ていう感じで雪崩のように商業BLに傾倒していきました。

でもさ!IT革命だよ。IT革命は、さすが革命というだけあってBL読みの暮らしもすっかり変えました。いまは電子書籍で部屋にいながら商業BLはおろか二次創作のダウンロード販売がヨユーで手に入ります。さらに漫画制作のデジタル化が進んだことで、特定の手書き文字がなぜか肌に合わなくて…とかいうワケのわかんない困りごともほとんどありません。しかも試し読みよ。書店でコミックスの立ち読みなんてほとんどできない、サンプルが用意されている本なんてひとにぎりなのに、電子だと長短の差はあるものの試し読みはほとんど必ずあります。なんて便利なの?あと漫画アプリで無料で読める作品もかなり増えた、無料って。無料って。そういうのは大体『待てば無料』とか書いてあんのね。まあ待てずにカネ払ったりもすんだけど、これはふんだんに漫画代を捻出するのが難しい学生には僥倖だ。いや40代の兼業主婦こと私にとってももちろん僥倖です。漫画アプリではBLに限らず少年マンガも少女マンガも青年マンガも面白い連載があるので有難く読んでます。

話が逸れましたが、IT革命で二次創作が摂取しやすくなって、手軽に二次にもアクセスでき、さらに品質が上がり作品も豊富になった商業BLもますます盛り上がってきました。楽しい、生きるの楽しい。今後もいいBLに出会うべく沢山読んで行きたいと思います。

 

【読んだ】オールドファッションカップケーキ

 

 

 寝て、起きて、仕事をする──それだけの毎日、それだけを好きで選んでいる自分に最近少し憂鬱な39歳・野末。
ちょっと無愛想だけど信頼厚い部下29歳・外川は、そんな野末が気になる。
ひょんなことから、女子で賑わうパンケーキのお店に2人で行くことに。
ここから、外川による野末のためのアンチエイジング大作戦が始まった。
休日まで野末のために時間を割く外川に「なぜ」?が募っていく野末だが…!?
以上があらすじです。

年の差カップルではありますが、39と29なのでどっちも十分大人です。年の差っていうと学生と社会人とかが多いので、10歳差でアラフォーとアラサーていうのは割と珍しい気がする。

エロくはないんだけど、二人の距離感、流れる時間の楽しさがせつなくてするする読めました。あと、絵がきれい。

女子で賑わう映えスポットを成人男性ふたりが訪れて過ごすことをアンチエイジングと読んでますが、実際の映えスポットもまあまあおじさんいる気がします。私はそんなおじさんが好きです、いいと思います。ジェラート食べに来たちょい悪オヤジ二人組を見たことあるけどサクッと萌えた。その時自分はママ友と一緒だったから「デートかな?」と思ったけど口に出すのはやめた。なけなしの社会性を発揮できてよかった。